梅田哲也 「人口 vs 自然」

VACANT

poster for 梅田哲也 「人口 vs 自然」

このイベントは終了しました。

今、梅田哲也は最も刺激的なアーティストの1人である。音、光、空間それらすべてを自在にあやつる手つきは、演劇的ですらある、といえるのではないだろうか。その梅田哲也の単独パフォーマンスを昨年から定期的に催して来た。最初は横浜美術館での「ゴミと箱と音楽」、韓国 Festival Bo:mでの「waiting room」、そして今回の「人工vs自然」。ヨコハマ、ソウル、トウキョウ3都市を巡る道行はファッションの聖地ハラジュクでようやく完結することになる。梅田哲也を未だ体験していない人達は、この機会に騙されたと思って遭遇して欲しい。特に演劇やコンテンポラリー・ダンスに従事している人達が見たら多くの発見と示唆があるのではないだろうか? 今回のパフォーマンスは「基礎編」と「応用編」の2部制に分かれていながら、トータルでも体験できるようになっている。どちらか片方だけ見てもかまわないし、通しで見ていただいてもいい。インターバルを含めて約5時間、梅田哲也がこの日、たった1人で挑む。もうこれ以上は何も言うまい。
※詳細は公式ホームページよりご確認下さい。

メディア

スケジュール

2013年03月09日
基礎編: 15:00〜、応用編:18:00〜

アーティスト

梅田哲也

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use