吉田夏奈 「海は青い 森は緑」

代官山 蔦屋書店

poster for 吉田夏奈 「海は青い 森は緑」

このイベントは終了しました。

吉田夏奈は身体を使う作家。パフォーマンスの作家の様に聞こえるが、吉田の作品を見ていると作品に介在する作家の仕事が生々しく伝わってきます。山を歩き、崖を登り、海に潜る ― そこで体験したことが作品となります。見たものを描くというより、身体を通した体験を再度引き出して表現するという方が近いのです。従って一点に立ち止まって視覚的に見えるものを切り取って描いた風景画ではありません。全方位を見渡しながら、登り坂下り坂を全身で記憶します。作品はおのずと広がりを持った作品になり、立ち止まって360度見渡したようなパノラマに留まりません。アートフロントギャラリーの展覧会と同時開催のされる今回の展示は、これまでのパネルに描かれた作品だけではなく、パネルから脱してギザギザと輪郭を切り落としたレリーフ状の新作の森が並びます。森はそもそも視覚的にその形状を全体として捉えることが出来ません。木々の中を進むと風景も変わっていきます。そこには大きな木が倒れていたり、視界が急に開けたり、様々な風景が次々と展開してゆく総体が、森と呼ばれるものであるはずです。一本の木が独立しながら、かつ全体で森としても捉えられるように、一つ一つの作品の形状が面白いだけでなく、大きな森のようなインスタレーションになるのと思われる― 私たち森の中を歩くよう様々な風景を見ながら、作家の介在によって広がるアートの領域、可能性をお楽しみください。
会場: 蔦屋書店2号館 2階 Anjinフロア

[画像: 吉田夏奈]

メディア

スケジュール

2013年06月04日 ~ 2013年07月21日

アーティスト

吉田夏奈

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use