飯塚明夫 「サヘル - 褐色の大地より - 」

コニカミノルタプラザ

poster for 飯塚明夫 「サヘル - 褐色の大地より - 」

このイベントは終了しました。

展示作品は西アフリカの「サヘル」(サハラ沙漠南縁地域)に暮す人々を取材した写真である。サヘルは年間降雨量150~500ミリ程、旱魃が起こりやすく「アフリカの飢餓ベルト」とも呼ばれているが、急速に砂漠化が進むこの地域にも多くの牧畜民や農耕民、漁労民が日々の生活を営んでいる。またサヘルには北のアラブ・イスラム諸国との間で行われたサハラ交易の基地となった交易都市が点在し、今も地方の中心都市として栄えている。早くからアラブ・イスラム文化を受け入れた人々と、伝統文化・宗教を守り続ける人々の対立と共存が、サヘルに緊張をもたらすと同時に文化的深さと多様性を育んできた。最近はイスラム過激派のテロ活動などが増え、この地域に対する日本人の認識はさらに負の側面を増したように思える。しかしサヘルに住む人々は今日を生きるため、そして家族を養うため、日々汗を流している。カラープリント A1、A2 約50点を展示。
会場: コニカミノルタプラザ Gallery C
[画像: 「ため池に自生したスイレンの実(食用)を探す少年」ニジェール南部]

メディア

スケジュール

2013年11月16日 ~ 2013年11月26日

アーティスト

飯塚明夫

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use