「六本木アートナイト2013」

六本木ヒルズアリーナ

poster for 「六本木アートナイト2013」

このイベントは終了しました。

『六本木アートナイト』は六本木の街を舞台にした一夜限りのアートの饗宴です。様々な商業施設や文化施設が集積する六本木の街に、アート作品のみならず、デザイン、音楽、映像、パフォーマンスなどを含む多様な作品を点在させて、非日常的な体験を作り出します。そして、生活の中でアートを楽しむという新しいライフスタイルを提案します。また、アートと街が一体化することによって、六本木の文化的なイメージを向上させ、東京という大都市における街作りの先駆的なモデルを創出します。

2009年から始まり、第4回目となる六本木アートナイト2013のテーマは、『TRIP→今日が明日になるのを目撃せよ。』です。今回初めて導入されるアーティスティックディレクター制度にて同職に委嘱されたアーティストの日比野克彦氏を中心に、「時間と空間の小旅行」「夜から朝を迎える高揚感」「時空を超えてかの地へ馳せる想い」を、アーティストたちが形に、アクションにして、皆様と六本木をトリップする様々なプログラムを構築いたします。六本木の各地を“港/port/terminal”と 捉えた、一晩限りの非日常なトリップへの船出を、参加者は目撃・体感することでしょう。当日は、アクティビスト・日比野氏の東北への想いを形にした作品を起点に、 日比野氏と気鋭の作家たちによるコラボレーション「アートブネ」が、六本木の各所に 登場します。 また、六本木というひとつの“地域”“コミュニティ”に着眼し、地元との結びつきから生まれるプログラム、六本木のストリートを活かしたインスタレーション作品を、 街のなかに展開させます。

[関連イベント]
「TRIP→プロジェクト」
六本木ヒルズアリーナに姿を表す日比野克彦氏による“灯台”モニュメントは、六本木アートナイト2013のテーマ『TRIP→今日が明日になるのを目撃せよ。』のみちしるべとなります。東北への思いを、その頂部で燃える火として表現しました。陸前高田のまちで、東日本大震災の津波による被害を受けた杉。その塩害杉でつくられた炭にゆっくり火が灯ります。そこに火が灯るとき、周りの空気は温まり、人々の心をゆれ動かし、夜から朝への時間がゆっくりと動き出します。

「アートブネプロジェクト」
日比野克彦氏と気鋭作家による一夜限りのコラボレーション。その構造の目新しさもさることながら、今回のテーマ『TRIP→今日が明日になるのを目撃せよ。』のもと、“アートブネ”が空間時間の移動装置となり、観客を六本木の夜の街へ誘います。昨年行われた岐阜国体の式典の為に日比野克彦氏と県民の方々が制作した「清流こよみぶね」。この船をベースに、10数組のアーティストが自由に装飾を施し、展示をし、パフォーマンスの舞台装置とするなど、個性豊かな“アートブネ”が六本木中に展開されます。六本木ヒルズアリーナ、東京ミッドタウン、国立新美術館という三つの拠点だけでなく、街を悠々と航海する船も登場、六本木アートナイトのメイン・プロジェクトです。
参加予定アーティスト: 日比野克彦、みんなの家、宇治野宗輝x渋さ知らズオーケストラ、rhizomatiksx山川冬樹、Mark Salvatus、加藤弥生+REBIRTH PROJECT YUSUKE ISEYA、Daisy Balloon、遠藤一郎x大友良英 千住フライングオーケストラ、淺井裕介 他

「六本木夜楽会」
ートナイトの夜は、六本木のまちにアーティストが大集合!六本木の様々なお店を舞台に、アーティストと各界の気鋭のプロフェッショナルがガチンコ対談。参加者(事前申込み制)は六本木の夜が更けてゆく、または明けてゆく高揚感の中、今最も話をききたいあの人たちの熱いクロストークを目の前で目撃しながら、ともに語らい、お茶や食事もできる、この夜だけの貴重な機会です。
参加予定アーティスト: 小沢剛、しりあがり寿、鈴木理策、八谷和彦、宮島達男 他

「アートポート六本木」
六本木のストリートがアートの舞台になる、この一夜限りの取り組みが好評を博してきた六本木アートナイト。今回はさらに舞台とプログラムの幅を広げ、六本木の店舗に、公園に、アートが飛び出します。現在、最も注目に値する若手アーティストたちが、映像、インスタレーション、立体、パフォーマンスなど、多種多様な表現を展開する街中の港 = アートポート六本木。これまで見慣れていた六本木の街並や風景が、アート作品と出会うことで思いもよらない変貌をとげ、新しい発見や驚きをもたらします。今年のアートナイトは、街中も心躍る表現の舞台になります。
参加予定アーティスト: 岩井優、鷺山啓輔、柴田祐輔、小鷹拓郎 他

「公園で公演」※仮称
六本木の公園を舞台として、新進気鋭の若手ダンサー数組が、各々のパフォーマンスを展開いたします。 アートナイトの一夜にだけ現れる特別な野外ステージ。月の光のスポットライトを浴びながら繰り広げられるパフォーマンスの数々を夜空の下でぜひ体感してみてください。

※関連イベント詳細は、公式ホームページからご確認ください。

メディア

スケジュール

2013年03月23日 10:00 ~ 2013年03月24日 18:00
コアタイム: 日没(17:55)から日の出(5:39)まで

Facebook

Reviews

Emily Wakeling tablog review

No Rest for the Artistic

The fourth Roppongi Art Night appoints for the first time an artistic director.

Tokyo Culture Creation Project tablog review

Beaming an Artistic Light of Hope

Once again Roppongi became the heart of the Japanese art scene for two days and one crazy night

Art Beat News tablog review

「六本木アートナイト2013」プログラム詳細が発表

【Art Beat News】村上隆&くらげ坊 飛び入り参加も!?

東京文化発信プロジェクト tablog review

日常からオールナイトのアートTRIPへ出港

六本木アートナイトの今年のテーマは「TRIP→今日が明日になるのを目撃せよ。」 フネをモチーフにした作品が街中に出現。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use