「銀塩写真の魅力 IV」 展

ときの忘れもの

poster for 「銀塩写真の魅力 IV」 展

このイベントは終了しました。

銀塩写真のモノクロームプリントが持つ豊かな表現力と創造性をご覧いただくシリーズも4回目を迎えました。100年、200年の歴史をくぐってきた技法や素材にはそれだけの理由があります。20世紀の銀塩写真を中心とするアナログ写真は、デジタルカメラの進化により今や消え行く運命にありますが、可能なかぎりその存続を願い、アナログ技術によって創造された作品を守って行きたいと考えています。本展では、モノクローム作品約20点をご覧いただきます。
出展作家: 植田正治、細江英公、五味彬、大竹昭子、佐藤理、北井一夫、エドワード・スタイケン、ロベール・ドアノー、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ロバート・メープルソープ、ウィン・バロック、ジョック・スタージス

メディア

スケジュール

2013年02月08日 ~ 2013年02月16日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use