「平等院鳳凰堂平成修理完成記念 - 天上の舞 飛天の美 - 」 展

サントリー美術館

poster for 「平等院鳳凰堂平成修理完成記念 - 天上の舞 飛天の美 - 」 展

このイベントは終了しました。

空を飛び、舞い踊る天人は「飛天」と呼ばれ、インドで誕生して以来、優美で華麗な姿で人々を魅了し続けてきました。本展覧会では、地域・時代を超えて展開 した飛天の姿を、彫刻・絵画・工芸の作品によってたどります。中でも、京都・平等院鳳凰堂の修理落慶に先立ち、堂内の国宝《雲中供養菩薩像》を特別に公開いたします。さらに、国宝《阿弥陀如来坐像光背飛天》を寺外初公開し、鳳凰堂内の絵画・工芸表現とともに、平安時代の飛天舞う浄土空間を立体的に展示いたします。

メディア

スケジュール

2013年11月23日 ~ 2014年01月13日
12月22日(日)・2014年1月12日(日)は20時まで開館、12月27日(金)・28日(土)は年末のため18時で閉館、12月30日(月)~1月1日(水)は年始年末のため休館

Facebook

Reviews

TABインターン tablog review

「天上の舞 飛天の美」展

軽やかに宙を舞う、古の飛天と六本木で出会う。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use