「テーマにみる近代日本画」展

泉屋博古館分館

poster for 「テーマにみる近代日本画」展

このイベントは終了しました。

日本画の主題―テ-マ―は、大きく分類しますと、花鳥画(静物画)、山水画(風景画)、人物画に分けられますが、そのテ-マを細かく見ますと、歴史故実、神話、吉祥、美人画、風俗など実に豊かな内容を持っております。これらに日本の四季を組み合わせることによって、その絵画世界は、さらに豊饒な作品を生み出してきたといえましょう。また、画壇の面からは、東京画壇、京都画壇に大別されますので、ここにも地域による文化の異なりが認められることとなります。近代日本画に描かれたテ-マを細かく見ますと、歴史故実、神話、吉祥、美人画、風俗など実に豊かな内容を持っております。本展は、多様な面から近代日本画の世界を鑑賞してみたいと思います。
[画像: 東山魁夷「スオミ」(1963)]

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2013年06月15日 ~ 2013年08月18日
休館日: 月曜日(ただし、7月15日は開館、7月 16日は休館)

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use