poster for 「タイムマシン展 」

このイベントは終了しました。

ユニークなインスタレーションを得意とするギャラリスト、佐竹昌一郎が、現代の代表的なコンセプチュアル・アーティストの一人であるイエッペ・ハインの回転する鏡をタイムマシンに見立てた。本展では、毛沢東の活動をドキュメンタリー仕立てのフォトコラージュに収めたジャン・ダリや、1980年代のニューヨークのアートシーンに欠かせない存在であったウォーホルやバスキアの活動を写真に記録したセン・クォン・チー。そしてアメリカのデジタル世代作家、iPhoneのアプリを駆使して作品を制作するジャミアン・ジュリアノ=ヴィラニや、伝統的なものと新しいものをあたかも異次元空間の中で融合させるビル・マセイと言った、日本で紹介される機会が皆無に等しいアーティスト達の作品を紹介する。 その中でもサイケデリックな世界観で鑑賞者を幻覚に誘う、アメリカのフレッド・トマセリによる作品は、本展のハイライトに相応しい逸品であり、展覧会全体の構成に重要な役割を担っている。
[画像: フレッド・トマセリ「UNTITLED (ENTRANCE)」(2012年) 121.9x121.9cm]

メディア

スケジュール

2013年08月09日 ~ 2013年09月14日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use