「写真のエステ-写真作品のつくりかた」展

東京都写真美術館

poster for 「写真のエステ-写真作品のつくりかた」展

このイベントは終了しました。

当館では毎年テーマを設けて、コレクションから選りすぐられた名作をご紹介しています。今年のテーマは「写真のエステ」です。19世紀の初期写真から現代作品まで、写真の美をめぐって、3期にわたってさまざまな表現傾向をご紹介します。「エステ」といえば「美容」を思い浮かべますが、本来、「エステ」という言葉は「aesthetics(エステティクス)」の略語で、「美学」を意味します。本展では、撮影アングル、光のあつかい、パンフォーカス/ディファレンシャルフォーカス、そして、撮影後の作業(暗室ワークや画像処理)など、写真の制作技術の側面からコレクションの「エステティクス」を捉えます。

会場: 3F展示室

[画像: 吉崎一人 「嬉戯其二」 ゼラチン・シルバー・プリント (1938-1941)]

メディア

スケジュール

2013年07月13日 ~ 2013年09月16日
木曜日・金曜日は21:00まで開館。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use