「project N53 池平徹兵」展

東京オペラシティ アートギャラリー

poster for 「project N53 池平徹兵」展

このイベントは終了しました。

舞台の書割を思わせるような不思議な遠近感が特徴の池平の絵画。唐突にあらわれる画面のモチーフは池平が「今」気になっているもので、それらは画面の中に脈絡なしに日々描き込まれていきます。子供が欲しいものをおもちゃ箱の中に収集するように、その瞬間に制作欲が最も湧くもののみをキャンバスに加えていく制作姿勢は、絵の為にモチーフを選ぶという恣意的な視点を離れ、作家の感覚の軌跡をありのままに表わすものです。また池平は様々な人を巻き込んで行うワークショップやプロジェクトの開催など他者との協働も多く行っています。自身の感覚の純度を保つこと、他者を含めすべてを肯定すること、その上でのオリジナリティを追求すること。多面的な活動に共通するこれらの要素が、池平の作品それぞれの強度を確固としたものにしています。

[画像: 池平徹兵「2011年の沈黙」2011]

メディア

スケジュール

2013年07月13日 ~ 2013年09月23日

アーティスト

池平徹兵

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use