ジャック・シャルティエ 「Testing」

ベイスギャラリー

poster for ジャック・シャルティエ 「Testing」

このイベントは終了しました。

彼女の作品を見ていると、視点が結べないもどかしさを感じてしまう。平面ながら柔らかな奥行きを持ち、色彩も私たちが慣れ親しんだ顔料の印象と微妙に食い違う。先ず彼女の絵画の下地は特製のレジン状のもので施され、ある浸透を可能とする厚みが用意される。そこに薬剤、またはそれに近い染色剤を2-3種混合させたものを画面に施し、日光で酸化を図るという概ねではあるが殆ど化学実験に近い手法と言っていいだろう。彼女は200色に近いフォーミュラを保有しており、色彩の持つ多様な表情を自然の力を借りて呼び起こす。作品の色彩が柔らかな浸透と相まって、もどかしい遠近を作り出し、私たちの既知の範疇から離れてしまうのは人知の及ばぬ力に拠るからだろう。美しいものを呼び込むのにあらゆる手段は既に選択済みで、却って自然の力は私たちの眼が元来持っていたプリミティブな記憶を喚起する。シャルティエの作品は、私たちに、かつて幼いころに陽だまりで遊び、ある美しさと戯れたある日のことを思い出させる。本展は彼女の日本初の個展となります。
[画像: ジャック・シャルティエ「9 Studies(P. FE Red)」(2014) acrylic, stains and spray paint on wood panel 76.2 x 61 cm]

メディア

スケジュール

2014年05月23日 ~ 2014年07月19日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use