「暁の劇場~鴎外が試みた、或る演劇」 展

文京区立森鴎外記念館

poster for 「暁の劇場~鴎外が試みた、或る演劇」 展

このイベントは終了しました。

芝居小屋から劇場へ、役者から俳優へ、女方から女優へ、見物から観客へ―近代化の中で大きな変革期にあった演劇に、森鷗外は深く関わっていました。本展では、森鷗外が翻訳、創作した12本の戯曲を軸にそれぞれの上演に関わった人々との交流や当時の演劇界の様子を舞台写真、ポスター、プログラム、自筆原稿、演劇人との交流書簡等70余点の資料でご紹介します。当時の俳優の声が入った、珍しい音源も公開いたします。まだ暁の中にあった近代演劇とその理想を追求した鷗外の試みをご覧いただけます。
[関連イベント]
ギャラリートーク
日時: 5月14日、28日、6月11日14:00から30分程度
申し込み不要、展示観覧券が必要です。
講演会「100年前の演劇と鷗外」
日時: 5月17日(土)14:00~15:30
講師: 児玉竜一氏(早稲田大学教授、早稲田大学演劇博物館副館長)
5月2日までに申込が必要です。
講演会「上演された鷗外―俳優と劇場」
日時: 5月31日(土)14:00~15:30
講師: 神山彰氏(明治大学教授)
5月17日までに申込が必要です。申込等、各イベント詳細は公式ホームページからご確認下さい。
[画像: 「ノラ」(大正3年4月)近代劇協会]

メディア

スケジュール

2014年04月26日 ~ 2014年06月22日
6月の金曜日は20:00まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use