THE ART FAIR +PLUS-ULTRA

スパイラル

poster for THE ART FAIR +PLUS-ULTRA

このイベントは終了しました。

本企画は、ジャンルの垣根を越えて、日本発の優れたアートを幅広く提供することを目指す『+プリュス:ジ・アートフェア』(以下、+プリュス)と、40歳以下の若手ディレクター個人を出展単位とする『エマージング・ディレクターズ・アートフェア:ウルトラ』(以下、ウルトラ)の2つの部門をもつ、統合型のアートフェアです。
『ウルトラ』は、ギャラリー単位で出展する従来のアートフェアとは一線を画し、ギャラリーの運営のなかで、実際に作家や作品を選定するディレクター個人を出展単位として展開する新しい試みとして2008年よりスタートしました。2012年からは、信頼と実績を誇るギャラリーが出展する『+プリュス』が加わり、2つの異なるアートフェアが一つの会場内で同時開催される、これまでにない新形態での企画として、国内外から多くの動員を誇る話題のイベントへと発展してきました。

本年は、これまで後期の日程のみで行なっていた『+プリュス』を前後期で開催することで、ディレクター単位とギャラリー単位で出展する2つエリアが近接した、見応えのあるプレゼンテーションが繰り広げられます。
また、アジアにおけるアートフェアの核となることを標榜する本企画は、より一層の進展を目指すべく、アートと来場者を繋ぐ様々な試みを展開し、美術マーケット、ひいては美術批評に於いても、さらなる活性化を狙います。その一つとして、会期終了時には、『ウルトラ』において、優れたプレゼンテーションを展開したブースを来場者の投票により決める「ベストウォール」、販売実績から選出された「ベストセールス」の各顕彰の授与など、ディレクターと鑑賞者が行き交い、それぞれの批評を交わす場の創出により、アートのいま、そしてこれからの可能性を照らしだすことができればと考えます。

*『プリュス・ウルトラ』とは
『プリュス・ウルトラ(plus ultra)』は、ラテン語で「もっと前へ」の意。 本アートフェアの基本的なスタンスを示すと共に、戦いを嫌い、協同することを旨として数百年にわたり神聖ローマ帝国を治めたハプスブルグ家の信念でもあったこの言葉を、出展者がただ商売にしのぎを削るのではなく、 美術の世界全体の繁栄を願うという想いを込めて冠している。

<1期>: 2014年10月25日 (土)〜10月28日 (火)
<2期>: 2014年10月31日 (金)〜11月3日 (月・祝)

メディア

スケジュール

2014年10月25日 ~ 2014年11月03日

オープニングパーティー 2014年10月25日20:30 から 22:00 まで
会場: スパイラルガーデン (※招待制)

Facebook

Reviews

Art Beat News tablog review

アートフェア「The Art Fair +PLUS - ULTRA 2014」開催

【Art Beat News】ULTRAはディレクターが出展単位。発掘したアーティストの作品を展示販売

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use