「文化誌が街の意識を変える」 展

渋谷ヒカリエ 8/ d47 MUSEUM

poster for 「文化誌が街の意識を変える」 展

このイベントは終了しました。

今、日本じゅうに「地元文化を再確認する冊子」が増えています。それらは広く日本じゅうに発信されたり、地元の個性、魅力の再発見にと発刊されています。また、編集やデザインなどのクオリティにこだわることで、土地のイメージを見直すきっかけともなり、ますますこれからの日本における「日本再発見」への意識を継続的にしていく創意と位置づけ、d47 MUSEUMでは、そうした冊子を「文化誌」と名付け、47の日本から集めてみました。地元人に向けられた「タウン誌」と呼ばれる情報誌に同居するスタイルから、写真も含めクオリティの高い読み物としての文化誌までを俯瞰し、今の日本がどういう地元意識を持っているかを感じて頂ければと思います。PR新時代とも呼ばれる今、代表的文化誌の編集長によるシンポジウムと合わせ、地域発信の現状からこれからの魅力発信の創意を探る機会となります。
出展一覧: 北海道マガジン「カイ」/ノーザンクロス(北海道)、在青手帖/ARTizan(青森)、てくり/まちの編集室(岩手)、ふきながし/sifflez(宮城)、「Ag」/エンカレッジ(秋田)、月刊「SPOON」/コマツ・コーポレーション(山形)、板木/福島市教育委員会(福島)、mitonote/水戸市(茨城)、ミチカケ/益子町(栃木)、『上州風』/上毛新聞社(群馬)、小江戸ものがたり/川越むかし工房(埼玉)、0470-/0470-編集室(千葉)、Tomag/スペースシャワーネットワーク(東京)、フリーペーパーKAMAKURA/企画制作団体chameleon(神奈川)、Niigata Interview Magazine LIFE-mag./エイチ.ケイ コネクション(新潟)、itona/ワールドリー・デザイン(富山)、そらあるき/そらあるき編集部(石川)、福井を楽しむ大人のタウン誌「福楽」/エクシート(福井)、ライフスタイルマガジン晴耕雨読/サンニチ印刷(山梨)、街並み/ナノグラフィカ(長野)、飛騨/飛騨産業(岐阜)、sizo:ka/静岡マガジン社(静岡)、KELLy/ゲイン(愛知)、小冊子kalas/カラスブックス(三重)、La Collina/たねやグループ(滋賀)、キョースマ!/淡交社(京都)、Meets Regional/京阪神エルマガジン社(大阪)、弁当と傘/弁当と傘編集室(兵庫)、naránto/エヌ・アイ・プランニング(奈良)、和歌山県総合情報誌「和-nagomi-」/和歌山県(和歌山)、鳥取県総合情報誌『とっとりNOW』/鳥取県広報連絡協議会(鳥取)、津和野時間 T-time/津和野時間制作委員会(島根)、暮らしき/三宅商店(岡山)、TRANSIT via せとうち/ユーフォリアファクトリー(広島)、雑誌くるとん/くるとん(山口)、あおあお/徳島県・文化立県とくしま推進会議(徳島)、さぬき時間を楽しむ。IKUNAS/tao.(香川)、暖暖松山/松山市産業経済部都市ブランド戦略課(愛媛)、とさのかぜ/高知県(高知)、雲のうえ/北九州市にぎわいづくり懇話会(福岡)、アリタノヒビキ/有田観光協会(佐賀)、樂/イーズワークス(長崎)、「くまもとくらす」/熊本県(熊本)、旅手帖 beppu/BEPPU PROJECT(大分)、綾時間/綾町役場産業観光課(宮崎)、Judd./ジャッド(鹿児島)、モモト/編集工房東洋企画・モモト編集部(沖縄)

メディア

スケジュール

2014年03月27日 ~ 2014年06月15日
開館時間: 11:00~20:00(入場は19:30まで)

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use