文化庁メディア芸術祭イベント 「Sound and Vision」

スーパーデラックス

このイベントは終了しました。

昨年よりスタートした注目のパフォーマンス企画。自作の自動演奏ロボットや、映像を素材としたVJライブ、現代音楽の作曲作品など、ジャンルを越境した作品群を一斉披露します。
定員: 200名(要予約)
出演: 安野太郎(アート部門審査委員会推薦作品『ゾンビ音楽』)、福島諭/濱地潤一(アート部門審査委員会推薦作品『変容の対象』)、最後の手段(有坂亜由夢/おいたまい/コハタレン)/やけのはら(エンターテインメント部門新人賞『やけのはら「RELAXINʼ」』)、姫田真武(アニメーション部門新人賞『ようこそぼくです選』)ほか
*イベント詳細・お申し込み方法は公式ホームページよりご確認下さい。

メディア

スケジュール

2014年02月06日 18:00~20:00

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use