葛西優人 「Sail to the Moon」

ガーディアン・ガーデン

poster for 葛西優人 「Sail to the Moon」

このイベントは終了しました。

葛西優人は、自身が抱える心の葛藤から自由になるための手段として、その心象を写真に落とし込んだ作品「Marginal Man is Dead」で第9回写真「1_WALL」グランプリを獲得しました。ポートフォリオから写真を数点に絞り込み、メッセージを凝縮した潔い展示と表現によって、その葛藤と向き合おうとする作家の切実な姿勢が、写真でしか出来ない表現を期待させると審査員から高い評価を得ました。
顔の見えない男性や、何かの痕跡が浮かび上がる写真は、その眼差しの先に、かつて押し殺していた感情を再び見出そうと苦悩する、作家自身の姿を思い起こさせます。親密さからはかけ離れ、暴力的なまでに儚さを感じさせる男性のヌードからは、被写体との関係性が曖昧なまま、不安な気配だけが浮かび上がってくるようです。「人間の出生についての不条理を撮りたい」と語る葛西。それはかつての自分を写真によって救いたいという強い意志の現れなのかもしれません。改めて自身を取り巻く世界と向き合い、写真の力によって変えていこうと試みる葛西優人の初の個展です。

メディア

スケジュール

2014年06月23日 ~ 2014年07月10日

オープニングパーティー 2014年06月23日18:30 から 20:00 まで

アーティスト

葛西優人

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use