「のっぴきならない現実 - 岡本太郎と縄文 -」

川崎市岡本太郎美術館

このイベントは終了しました。

「のっぴきならない現実」──これは、岡本太郎が1952年に発表した「四次元との対話 縄文土器論」で使われたことばです。岡本は、原子爆弾や冷戦、経済恐慌を取り上げ、この「のっぴきならない現実」と芸術家がどのように向かい合うべきかを説きました。本展覧会では、岡本が熱心に撮影した縄文土器の写真や、戦後の復興期のエネルギーを描いた《建設》、そして今日まで親しまれる《太陽の塔》など、現実社会への関心から生まれた作品を紹介します。

[関連イベント]

「TAROぬり絵を楽しもう!」
開催中の常設展「のっぴきならない現実─岡本太郎と縄文」に展示している太郎さんの作品でぬり絵を楽しめます。色鉛筆やパスなどを使って色をぬり、自分だけのTARO作品をつくってみましょう。
日 時: 4月26日(土)、27日(日)、29日(火祝)、5月3日(土祝)、4日(日)、6日(火祝) 各日10:00~15:00
会 場: 岡本太郎美術館 ギャラリースペース
対 象: どなたでも参加できます
定 員: 一度に参加できる人数20名程度
参加費: 無料
申 込: 事前予約等ありません。イベント開催時間中は随時自由参加です。

「TARO鯉に挑戦!」
岡本太郎さんはTARO鯉をつくったとき、「自由勝手に鯉のぼりを描いた。」「自分自身が飛翔しているような思いで鯉のぼりをあげるといい。」と言いました。太郎さんの気持ちに負けないくらい、自分だけの“自由勝手”な鯉のぼりを作り大空に泳がせてみましょう。
日 時: 2014年4月27日(日)13:00~16:00
会 場: 岡本太郎美術館 常設展示室・ガイダンスホール・創作アトリエ
対 象: 小学生以上
定 員: 30名(事前申込制・抽選)
参加費: 無料(別途観覧料が必要です)

※イベントの詳細、お申込は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2014年04月10日 ~ 2014年07月06日
休館日: 月曜日(5月5日を除く)、4月30日(水)、 5月7日(水)

アーティスト

岡本太郎

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use