「瀧口修造展 II」

ときの忘れもの

poster for 「瀧口修造展 II」

このイベントは終了しました。

詩人、美術評論家、シュルレアリスム運動の紹介者として著名な瀧口修造は、戦前・戦後を通じ多くの若手芸術家の精神的支柱として、日本の前衛芸術をリードしてきました。ところが、1958年のヴェネチア・ビエンナーレでコミッショナーを務め、その後欧州各地を訪問してアンドレ・ブルトンやマルセル・デュシャンらと面会してきた頃からその活動に変化が現れ、帰国してからは自らもドローイング、水彩、バーント・ドローイング(焼け焦がした水彩)、ロトデッサン(モーターによる回転線描)、デカルコマニー(転写法)など、さまざまな手法による造形制作を開始しました。遺された素晴らしい作品は、小品が多いとはいえ、どれも驚くような美しさを持っており、まさに一人の造形作家として評価されるべき質・量を備えています。今回の瀧口修造展は、「造形作家」瀧口自身の制作に焦点を当て、その多彩な手法の概要を紹介します。こうした展覧会は、(近年、継続的に開催されている土渕信彦氏のコレクション展「瀧口修造の光跡I・II・III」を別とすれば)2001年7月~2002年1月に開催された富山県立近代美術館・渋谷区立松濤美術館の「瀧口修造の造形的実験」展以来、12年振りであり、ときの忘れものにとっても初めての瀧口修造展となります。 2014年、ときの忘れものでは3回に分けて瀧口修造作品をご覧いただきます。1月に開催した「瀧口修造展I」では水彩、ロトデッサンを展示しましたが、今回の「瀧口修造展II」では約30点のデカルコマニーをご覧いただきます。

[関連イベント]
3月15日(土)18時より、大谷省吾さん(東京国立近代美術館主任研究員)によるギャラリートークを開催します。※要予約(会費1,000円)詳細は公式ホームページからご確認下さい。

メディア

スケジュール

2014年03月12日 ~ 2014年03月29日

アーティスト

瀧口修造

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use