レオ・ルビンファイン 「Vintage prints from 『A MAP OF THE EAST』 1980–87」

タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム

poster for レオ・ルビンファイン 「Vintage prints from 『A MAP OF THE EAST』 1980–87」
[画像: レオ・ルビンファイン 「On the Breakwater at Kenceran Beach during Idul Fitri, Surabaya」 1982年/ca. 1992年、C-print、イメージサイズ: 49 x 60 cm、ペーパーサイズ: 49.3 x 60.5 cm © Leo Rubinfien]

このイベントは終了しました。

タカ・イシイギャラリーでの2度目の個展となる本展では、1980年から87年にかけて、作家が日本を中心にアジア各地を取材撮影して纏めたシリーズ「A MAP OF THE EAST」より、カラー写真作品17点を展示します。1953年、シカゴ生まれのルビンファインは、両親に伴われて、少年期以降の多くの年月を高度経済成長期の日本で過ごしました。その後、日本に戻った作家は、自身の少年期の体験から再び東洋という被写体に惹かれ、翌年より8年間、日本をはじめ、中国、タイ、インドネシア、ミャンマー、フィリピン、ベトナムへと繰り返し旅を続けます。「A MAP OF THE EAST(東洋の地図)」と題されたこのシリーズは、自身の記憶を通して世界を見ることの意味を探求すると同時に、つねに侵入者という立場であった一西洋人の視点から、当時の東洋に共通する特質であり、確実に変容しつつあった「イノセンス(おおらかな無邪気さ、純真さ)」を語ろうとする試みでもありました。

メディア

スケジュール

2014年10月25日 ~ 2014年12月06日

オープニングパーティー 2014年10月25日18:00 から 20:00 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use