キム・テクサン 「色彩と光のあいだ」

タグチファインアート

poster for キム・テクサン 「色彩と光のあいだ」
[画像: キム・テクサン「Breathing light」(2014) 水、アクリル 225 x 140cm]

このイベントは終了しました。

キム・テクサンはその制作において、まず、特別に用意した長方形のプールにキャンバスを浸し、アクリル絵の具を溶かした水を注ぎます。注がれた水はその痕跡をキャンバスに残しながらゆっくり蒸発していきます。季節や気候に応じて、水は様々に異なる模様を残します。この制作過程において、作家はただひたすら待つのみです。適当な時期を見はからって排水し、キャンバスを乾かします。こうして制作される作品は水の痕跡そのものであり、樹木の年輪と同様、時間の痕跡でもあります。彼がなすべきことは、時の流れが痕跡というかたちで自らを現わす環境を整えることに尽きます。 キム・テクサンにとって色彩を加えることは元来、時の流れ、季節あるいは自然をキャンバスの上に可視化するために必要とされる手段にしか過ぎません。透明な水だけではそれらを私たちの目に見えるかたちにすることができないからです。そしてそこで便宜的に使われる色彩は、自然界に存在する現象から選ばれています。夕日の赤色、水や空の青色、樹木の緑色、太陽の黄色などです。時間をかけてゆっくり制作される彼の作品は、時間を経ることで得られる成熟や熟成という感覚や観念を見る人に与えるような色彩、柔らかで優しい色彩に覆われています。

メディア

スケジュール

2014年11月29日 ~ 2014年12月27日

アーティスト

キム・テクサン

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use