岡﨑彩加 + 鈴木秀尚 「genuine | original」

アートセンター・オンゴーイング

poster for 岡﨑彩加 + 鈴木秀尚 「genuine | original」

このイベントは終了しました。

岡崎彩加は、2014年に武蔵野美術大学大学院美術専攻油絵コースを修了、インスタレーション、絵画、立体造形など、多様なメディアを用いて制作を行うこれからの活躍が期待される若手女性アーティストです。針やピアノ線を用いた『0.00785㎟』(2014)や、磁石や砂鉄を用いた『magnetic+domain』(2014)など、岡崎は繊細で見逃してしまいそうな小さな世界を丁寧につくり上げていきます。磁石に引き寄せられる砂鉄、ピアノ線からぶら下がる針など、そこに生じているのは微細な力です。岡崎は、例えば鉛筆が自立する姿とスカイツリーの姿を重ね、そこに働いている力は大小の違いはあるとはいえ同一であると話します。岡崎はスケールの違う事象の共通点をシンプルな形で示し、思いがけない繋がりの存在を示唆することで、鑑賞者のイマジネーションを拡げていこうとするのです。一方の鈴木秀尚は、2014年武蔵野美術大学大学院美術専攻油絵コースを修了。主に油絵の具を用いて平面作品を制作しています。『Paragraph』(2013〜)と名付けられたシリーズに描かれているのは、インターネット上の記録写真や家族写真から集められた人々です。そこに描かれている人物には不思議な既視感があり、描かれている人々を知らないはずなのに懐かしささえ感じさせます。写真やイラストといったイメージが簡単に発信、操作出来るようになった現代、鈴木は絵画におけるイメージやリアリティーとは何か考えるようになったと言います。自分の目で見たもの、記憶には無意識の内に主観が混じり、絵画や写真を通して見た方が時として如実に現実を伝えることがあります。鈴木は制作を通し、どう現実と向き合っていくのか、自らの立ち位置を確認すると同時に、鑑賞者にも現実とは何か、どのような視点で物事を見ているのか問いかけます。
鑑賞者の認識範囲を拡大させる岡崎。見ることや現実とは何か、再考を促す鈴木。この春卒業したばかりの二人による展覧会をお楽しみいただけます。
[関連イベント]
ゲストトーク
日時: 4月13日(日)19:00~
ゲスト: 天重 誠二(プログラマ)、gnck(画像研究)
ホスト: 鈴木秀尚
料金: 1000円(ワンドリンク+入場料、先着30名様)、要予約
Pre Ongoing School 作家本人による展示作品の解説を交えてのレクチャー
日時: 4月19日(土)18:00~
料金: 1500円(ケーキとドリンク付き、先着30名様)
ゲストトーク
日時: 4月20日(日)19:00~
ゲスト: 泉太郎(美術作家)、千葉正也(画家)
ホスト: 岡﨑彩加
料金: 1000円(ワンドリンク+入場料、先着30名様)
予約等詳細は公式ホームページからご確認下さい。

メディア

スケジュール

2014年04月09日 ~ 2014年04月20日

オープニングパーティー 2014年04月12日19:00 から
参加費: 1000円(軽食+ワンドリンク付き、入場料込み)

アーティスト

岡﨑彩加鈴木秀尚

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use