「TARO賞の作家Ⅱ」 展

川崎市岡本太郎美術館

poster for 「TARO賞の作家Ⅱ」 展
[画像: 藤井 健仁《H /鉄面皮 Extended より》(2006) 鉄、プラスチック]

このイベントは終了しました。

TARO賞(岡本太郎現代芸術賞)は、岡本太郎の精神を継承し、自由な視点と発想で、現代社会に鋭くメッセージを突きつける芸術家を顕彰するべく1997年に創設されました。これまで17回を数えるTARO賞からは、国内外で広く活躍するアーティストが多く生まれ、岡本太郎のアヴァンギャルド精神は新たな世代によって推し進められ、拡がりをみせています。
岡本太郎美術館では、かつて岡本太郎がそうであったように、新しい才能を支援し活動の機会を提供していきたいと考え、「TARO賞の作家」シリーズとして、受賞作家による選抜展を行っています。6名の受賞作家を紹介した2008年の第1回展に続く、シリーズ第2回となる本展では、第6回から第12回のTARO賞で各賞を受賞し、現在活躍する5名のアーティストの作品をご紹介します。

[関連イベント]
タムラサトル ワークショップ「顔ランプをつくる」
日時: 10月26日(土) 13:30~16:00 
※事前申込制

ギャラリートーク
日時: 11月16日(日)、12月14日(日) 各日14:00~15:00

開館15周年記念イベント「TARO祭り」
ギャラリートーク+トークショー 「TAROを超えよう!」
日時: 2014年11月1日 (土) 14:00〜16:00(先着順)
出演: 山下裕二(美術史家/明治学院大学教授)、大巻伸嗣、タムラサトル、天明屋尚、藤井健仁、ヤマガミユキヒロ(予定)

太鼓ユニットと盛り上がる! 「TAROと叩こう!」
太鼓ドラマーのヒダノ修一が、この日のために結成したユニット「ヒダノ修一 with太鼓タローズ」として、母の塔下で演奏します。当日はこどもも叩ける太鼓も用意。
日時: 2014年11月2日 (日) 14:00〜、15:00〜 各回20分程度
出演: ヒダノ修一 with 太鼓タローズ(太鼓ユニット)
会場: 美術館 屋外 母の塔下広場(申込不要、無料)

母の塔でダンスパフォーマンス! 「TAROと踊ろう!」
可愛く面白いパフォーマンスでイベント最終日を盛り上げます。
日時: 2014年11月3日 (月) 12:00〜、14:00〜 各回30分程度
出演: 珍しいキノコ舞踊団
会場: 美術館 屋外 母の塔下広場(申込不要、無料)

メディア

スケジュール

2014年10月18日 ~ 2015年01月12日
臨時休館: 12月24日、 12月29日〜1月3日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use