「戦争と平和 - 伝えたかった日本 - 」

IZU PHOTO MUSEUM

poster for 「戦争と平和 - 伝えたかった日本 - 」

このイベントは終了しました。

ドイツの「ルポルタージュ・フォト」を移入して始まった日本の〈報道写真〉は、モダニズムの先鋭として発展し、日本文化を海外に紹介するために用いられましたが、戦争の激化にともないプロパガンダに変容し、占領期・冷戦期の情報戦にも一定の役割を果たしてきました。本展では名取洋之助・木村伊兵衛・土門拳・山端庸介・小柳次一・菊池俊吉・林重男ら日本の〈報道写真〉の担い手たちの仕事を中心に、国内外の雑誌や写真壁画、密着帖など1930年代から50年代にかけての貴重な資料をご紹介いたします。〈報道写真〉の戦前から戦後への連続性や国策との関わりをテーマに、戦後70年特別企画として開催いたします。

[関連イベント]
「報道写真〉の亡霊〉」
日時: 7月26日(日)14:30–16:30
場所: クレマチスの丘ホール
出演: 北島敬三、白山眞理、土山陽子、松本徳彦、小原真史
定員: 150名(無料、申込先着順)
※詳細は公式ホームページにてご確認ください。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2015年07月18日 ~ 2016年01月31日
開館時間: 7・8月 10:00~18:00、9・10月 10:00~17:00、11・12・1月 10:00~16:30。12月24日は開館、12月26日〜1月6日は休館

Facebook

Reviews

Emma Ota tablog review

10 Things in Tokyo: August Round-Up

A shortlist of exhibitions and events happening across Tokyo (and beyond) this month, viewed through the particular lens of the 70th Anniversary of the end of WWII

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use