フォーラム 「障害のある人の文化芸術活動と、これからの社会」

国立新美術館

poster for フォーラム 「障害のある人の文化芸術活動と、これからの社会」
Photo: Rachel Cherry for Unlimited, Claire Cunningham in Guide Gods, Unlimited Festival 2014

このイベントは終了しました。

2020年に向けて、スポーツだけでなく文化を通して、日本全体を盛り上げようとする機運が高まる中、障害のある人々の芸術表現の可能性や、あらゆる人々がアートを享受できる環境整備の必要性について多様な議論が広がってきています。2012年に開催されたロンドン・オリンピック・パラリンピック競技大会では、文化プログラムの主要プログラムのひとつとして、障害のあるアーティストの創造性溢れる活動を支援する大規模なプログラム「アンリミテッド」が英国全土で展開されました。「アンリミテッド」は、障害のあるアーティストの育成や環境整備、助成プログラムを通して、障害のあるアーティストによる優れた芸術活動に対する認知度の向上と、アーティストの活躍の場の拡大に大きく貢献し、その成功を受け、大会後も継続して新たなアーティストの育成や作品の委託が実施されています。本フォーラムでは、2014年より英国「アンリミテッド」のシニア・プロデューサーを務めているジョー・ヴェレント氏や英国を拠点に振付家、ダンサーとして活動をしている南村千里氏をはじめ、日本でアート、デザイン、スポーツなど、さまざまな分野で活躍されているスピーカーの方々をゲストにお迎えします。英国において障害のある方々の文化芸術活動の変遷や、ロンドン・オリンピック・パラリンピック競技大会およびアンリミテッドがもたらした成果などを共有しながら、2020年の東京大会を視野に、障害のあるアーティストが活動の場を広げ、より多様性のある社会を作っていくためのヒントを探ります。
会場: 国立新美術館 3階講堂
定員: 200名(先着順)
参加費: 無料(事前申込)
※詳細は公式ホームページよりご確認下さい。

メディア

スケジュール

2015年06月17日 14:00~17:00

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use