「旧高田邸と国立大学町 - 85年の物語 - 」

国立本店

poster for 「旧高田邸と国立大学町 - 85年の物語 - 」

このイベントは終了しました。

国立市中1丁目にある通称「旧高田邸」は、昭和4年(1929年)に建てられた、国立大学町最初期の住宅です。当時の街の様子を今に伝える貴重な文化住宅ですが、大変残念なことに2015年3月解体することが決まっています。主の故 高田義一郎氏は、医師として一橋大学と滝乃川学園の講師を務められ、また多数の書物を残された文化人でした。当時の国立の歴史を振り返りながら、氏の業績を振り返るイベントを国立市内外の有志が企画。国立本店有志メンバーもプロジェクトに参加しています。

[関連イベント]
-国立大学町写真展
日時: 2015年3月21日(土)、22日(日)

-モダニスト高田義一郎展
日時: 会期中

-旧高田邸解剖図展 
日時: 会期中

-あの頃のくにたちに帰る会
日時: 2015年3月16日(月) 13:00〜18:00
参加費: ライブを除き、無料。

-建物調査解剖トーク
日時: 2015年3月17日(火) 18:30〜19:00

-kunitachiゆる市 
日時: 2015年3月21日(土)、22日(日) 10:00〜15:00

-「音楽会」深水郁+石井奏碧
日時: 2015年3月22日(日)
場所: 旧高田 邸 玄関ホール
参加費: 2500円(1ドリンク付) 要予約。詳しくはHPまで。
定員: 15名

国立昭和モダン復旧企画 期間限定随時開催
-昭和モダンなりきり冩眞館
-蓄音器で聴くSP盤鑑賞会
-高田義一郎に扮し書斎に現る

メディア

スケジュール

2015年03月16日 ~ 2015年03月25日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use