「批評 前/後 ー継承と切断 Critical Archive vol.3」トークイベント

東京国立近代美術館

poster for 「批評 前/後 ー継承と切断 Critical Archive vol.3」トークイベント

このイベントは終了しました。

ユミコチバアソシエイツでは、「美術批評の批評」をテーマに、戦後美術批評を再配置することを目的としたプロジェクト『批評 前/後ーー継承と切断 Critical Archive vol.3』を発足しました。
第二次大戦を通して新たな絵画的諸問題に直面した画家たちの実践を取り上げながら、その思考が戦後の活動にいかに表出されたかを論じた書籍『前夜/前線―Critical Archive vol.2』を継承し、本企画は、複数の時代/人材を繋ぐ結節点である 1950 年代前後の美術批評を軸として、戦前から戦後にかけて展開されてきた現代美術批評を再考し、今後私たちが美術批評とどのように向き合っていくべきなのかを探求します。
本シンポジウムでは、企画者の沢山遼氏の他、来春〜夏に刊行予定である書籍の執筆者である土屋誠一、成相肇、松井茂の各氏に加え、李美那氏を迎え、批評家や学芸員として活動されている各者それぞれの見解を持ち寄り美術批評についての意見を交わします。

【イベント詳細】
会場: B1F 講堂
開場: 14:30
※参加方法:申し込み不要、無料
登壇者:
沢山遼(美術批評) ※進行
土屋誠一(美術批評家、沖縄県立芸術大学准教授)
成相肇(東京ステーションギャラリー学芸員)
松井茂(詩人、情報科学芸術大学院大学准教授)
李美那(神奈川県立近代美術館主任学芸員)

※イベント詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2015年10月03日 15:00~17:00

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use