神楽岡久美 「光を摘む」

スパイラル

poster for 神楽岡久美 「光を摘む」

このイベントは終了しました。

スパイラルは、今年 5 月に開催した「SICF16」(スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)に於いて参加 100 組のクリエーターの中からグランプリに選ばれた神楽岡久美による個展『光を摘む』を開催します。神楽岡久美によるシリーズ作品『光を摘む』は、小さな鏡による光の粒の集合体に、鑑賞者が点描画のように映し出され、見る者と作品が呼応する様がとても印象的な作品です。作品自体が「アートを生み出す装置になる」という視点や「光を捉える」という明快なコンセプトとコンセプトに対する緻密な裏付けの提示が評価さ「SICF16」でグランプリを受賞しました。本作は、アナログな手法で、まるでデジタル化されたかのような自分の姿と対峙する視覚体験を通じ、我々に新たな視点を与え、未知の世界へいざないます。今回の個展では、『光を摘む』のシリーズを引き継ぎ、作品規模を拡大させ、周囲の環境を取り込みながらよりダイナミックに、空間インスタレーションを展開します。

会場: ショウケース(スパイラル 1F)

メディア

スケジュール

2015年10月02日 ~ 2015年10月08日

アーティスト

神楽岡久美

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use