「絵画を抱きしめて Embracing for Painting」展

資生堂ギャラリー

poster for 「絵画を抱きしめて Embracing for Painting」展
http://www.shiseidogroup.jp/gallery/exhibition/future/index.html

このイベントは終了しました。

Part1: 「絵画との出会い」 7月31日(金)~8月23日(日)
Part2: 「絵画に包まれて」 8月28日(金)~9月20日(日)

現代アートの世界において、伝統的な長い歴史をもつ表現形式である絵画の新しい可能性に挑戦している作家たち。
阿部は、自然の風景を撮影したイメージをPCの恣意的な操作を経て変容させ、得られたイメージをもとにマスキングテープとローラーを使って、再び風景を描きます。佐藤は、沢山のファッションアイテムが色彩豊かにひしめく世界を流れるような絵筆のストロークのもとに描きます。流は、人と自然を描く対象とし、独特な線と色彩を使い、絵具を塗り重ねてキャンバス上に抽象的なイメージをつくりだします。
美術の歴史のうえでは、絵画は輻輳化する他の美術ジャンルとの厳しいせめぎ合いの中で、絶えずその存在を問われる不安定な状況にあります。しかし今日、そうした歴史を背負ってきた絵画に向き合い、ひしめく美術ジャンルの中で困難な創造性にしなやかに挑戦していく作家たちの生き方は、現代の時代における美しく創造的な生き方にもあてはまることでしょう。
展示内容は、新作を中心に、Part1・Part2に分かれた期間ごとに作品をすべて入れ替えます。Part1は、3名の作家の作品を大画面のタブローとして展示します。個々の絵画作品の色彩が織り成す圧倒的なイリュージョン。Part2は、絵画によるインスタレーションを展示します。一つのタブローに収まらない絵画作品どうしが空間の中で呼応し合うことで、イメージと色彩の渦の中に包まれるような絵画体験を生み出します。

[関連イベント]
作家によるギャラリートーク
日時: 9月6日(日) 14:00~16:00
会場: ワードホール (東京銀座資生堂ビル9階)
定員: 60名
参加費: 無料
※申し込み方法は公式ホームページからご確認下さい。

メディア

スケジュール

2015年07月31日 ~ 2015年09月20日

アーティスト

阿部未奈子佐藤翠流麻二果

Facebook

Reviews

Art Beat News tablog review

銀座4つのギャラリーによる合同イベント「銀クリ」開催

【Art Beat News】ギャラリーの開館時間が夜間延長される「銀クリナイト」も

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use