ヤン・ファーブル 「ヒエロニムス・ボスとコンゴ - ボスを讃えて - 」展

エスパス ルイ・ヴィトン東京

poster for ヤン・ファーブル 「ヒエロニムス・ボスとコンゴ - ボスを讃えて - 」展
[画像: 《THE ART OF THE COLONIES(植民地の芸術)》 2013 木に玉虫の鞘翅 227,5 x 173 x 8,1 cm Photographer : Lieven Herreman Copyright : Angelos bvba]

このイベントは終了しました。

エスパス ルイ・ヴィトン東京では、世界的に活躍するベルギー人アーティスト、ヤン・ファーブル (Jan Fabre : 1958年ベルギー、アントワープ生まれ)を迎え、『Tribute to Hieronymus Bosch in Congo (2011‐2013) (邦題: ヒエロニムス・ボスとコンゴ - ボスを讃えて)』展を7月9日(木)より開催いたします。本展では、同氏のアーティスト活動のテーマ「Metamorphosis(変容)」をもっとも表している昆虫のスカラベの鞘翅(さやばね)を素材として用いたモザイク作品が日本で初めて披露されます。

革新的なヴィジュアルアーティストであり、また作家・演出家として35年以上にわたり主要な地位を築いているヤン・ファーブルが手がける本展は、同氏の母国であるベルギーが、19世紀から20世紀にかけてコンゴに対し行った苛烈な植民地政策の歴史を題材にしています。奴隷制度や金などの略奪行為、また賭博など、ベルギーの文明化が進む一方で搾取され続ける植民地コンゴ――同氏は、そこに隠された「闇」を、初期フランドル派の巨匠、ヒエロニムス・ボスが描いた三連画《Garden of Earthly Delights(地上の悦楽の園)》(1503-04)に含まれる寓話や教訓の表象に置き換えて表現しました。
ファーブルが、コンゴに対するベルギーの植民地政策をテーマとする作品を初めて制作したのは2002年、ベルギーのブリュッセル王宮からパーマネント・ワークの制作を依頼された時のことでした。同氏が何百万ものスカラベを用いて王宮の天井に制作した《Heaven of Delight》は、スカラベの鞘翅が光を緑や青など様々に反射する非常に美しい作品である一方、その裏には植民地独立後の批判や批評が込められていました。その後も、コンゴに対する植民地政策の歴史をアーティスティックな観点からリサーチし続け、2008年、ブレゲンズ美術館にて開催された個展では、《Heaven of Delight》の一部を床に反転させて新たに制作し、その上に傷を負った裸の黒人男性が横たわっているインスタレーション作品《I had to demolish a part of the ceiling of the Royal Palace because something was growing out of it》(2007)を披露。続いて『Tribute to Belgian Congo』(2010-2013)ならびに『Tribute to Hieronymus Bosch in Congo』(2011-2013)シリーズが、構成を変化させて様々な場所で開催されています。
今回のエキシビションでは、『Tribute to Hieronymus Bosch in Congo』より選ばれたモザイク作品5点と三連画1点に加え、骸骨や鳥を模した彫刻作品が新たに4点ずつ披露され、作品の世界観をより幅広く見せています。光輝くスカラベの鞘翅で作られた合計14点の作品が、ガラスに囲まれたエスパスルイ・ヴィトン東京に射しこむ光を反射し、同スペースを様々な色彩と同時に、作品の裏にある深い闇を見せる空間へと変貌させます。

メディア

スケジュール

2015年07月09日 ~ 2015年09月23日

アーティスト

ヤン・ファーブル

Facebook

Reviews

Jennifer Pastore tablog review

10 Things in Tokyo: September 2015 Roundup

A short list of events and exhibitions happening in Tokyo and beyond this month.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use