「金沢の町家 -活きている家作職人の技-」展

LIXIL ギャラリー1 & 2

poster for 「金沢の町家 -活きている家作職人の技-」展

このイベントは終了しました。

建築における伝統技術がいかに保存され継承されているのでしょうか。本展では、その実例を加賀百万石の城下町、金沢の町家から探ります。本展では、町家の家作に必要な技術のうち、七つの技-大工・石工・瓦・左 官・畳・建具・表具-とそれぞれの職人たちにスポットをあて、道具、材料、工程サンプル等の実物資料ほか職人たちのインタビュー、修復の現場レポート、映像を含む約 170 点から、金沢における伝統技術の保存・継承のあり方を読み取っ ていきます。七種それぞれの伝統技術に欠かせない道具が一堂に会するこの機会 は同展の大きな見どころのひとつです。修理しながら百年持つ家、それが当たり前だった家づくり。本展がそのような 日本の伝統建築を支える職人の「活きた」技に出会う場となり、それを受け継ぐべくこれからを考えるきっかけを目指します。

[関連イベント]
講演会「日本の住まい 伝統技術のこれから」
日時: 7月16日(木) 18:30~20:00
講師: 安藤邦廣(建築家・里山建築研究所主宰)
会場: AGC studio (京橋創生館 2F)
費用: 無料
定員: 80名(要予約)
※お申込み方法・詳細は公式ホームページからご確認ください。

メディア

スケジュール

2015年06月04日 ~ 2015年08月22日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use