企画上映「映画監督 三隅研次」

東京国立近代美術館フィルムセンター

このイベントは終了しました。

このたびフィルムセンターでは、1/5(火)より、企画上映「映画監督 三隅研次」を開催します。本企画は、三隅の手がけた劇場公開映画全67本のうち51本と、テレビドラマ「必殺」シリーズ演出担当回全19本を、60プログラムに組んで上映する史上最大規模の回顧特集です。三隅研次(1921-1975)は、時代劇に大胆な表現を導入し、極限的な状況における愛と死を描き続けることによって戦後の日本映画に新風を送りこんだ監督です。大映京都撮影所を中心に、1954年の監督デビューから、1975年に54歳の若さで急逝するまで、多くの映画とテレビドラマの演出を手がけました。その研ぎ澄まされた画面設計やスピーディーな語り口は、衰退を見せ始めた撮影所体制下において時代劇の新たな可能性を示し、現在もなお新鮮な驚きを我々に与え続けています。珠玉の作品の数々を、多くのニュープリントと共に大スクリーンで楽しめる、絶好の機会となっております。

会場: 東京国立近代美術館フィルムセンター 大ホール(2階)

メディア

スケジュール

2016年01月05日 ~ 2016年03月13日

アーティスト

三隅研次

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use