poster for 荒木経惟 展
[画像: © Nobuyoshi Araki]

このイベントは終了しました。

タカ・イシイギャラリーでの 22 回目の個展である本展では、カラーとモノクロームによる最新作を展示いたします。「今は、往生から、向こうの空側から世界を見てる。だから鏡写しなんだよ。」(荒木経惟)荒木は、今年の春から6×7ポジフィルムによるカラー写真と、日付入りのモノクローム写真を撮影し、1日の出来事、また生と死を想う気持ちを日記のように描いています。本シリーズにおいて、荒木は日常の風景を鏡写しのように反転させており、鏡の裏側=往生から世界を見ているという思いを込めています。前立腺癌の発症と摘出、愛猫チロの死を経て、荒木は2013年に網膜中心動脈閉塞症を発症し、右眼の視力を失う現実に直面しました。それでもなお以前と変わらぬ精力的なペースで撮影を続行し、死=往生を意識する度にその悲しみを写真を撮るエネルギーに変えてきた荒木が、「向こう側」からの視点で撮影するのは初めてのことです。「死」から「生」に向かう、荒木の現在の心境を捉えた最新作品をどうぞご高覧下さい。

メディア

スケジュール

2015年05月25日 ~ 2015年06月20日

オープニングパーティー 2015年05月25日17:00 から 19:00 まで

アーティスト

荒木経惟

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use