「第2回スペクトラムサロン 『2020年、日本発のダイバーシティ・ムーブメントを世界へ』」トークイベント

スパイラル

poster for 「第2回スペクトラムサロン 『2020年、日本発のダイバーシティ・ムーブメントを世界へ』」トークイベント

このイベントは終了しました。

第2回目の開催は「2020年、日本発のダイバーシティ・ムーブメントを世界へ」と題し、今後ますます注目されていくであろう『ダイバーシティ』をキーワードにトークを展開します。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向け、年齢、性別、国籍、障害の有無など、ひとりひとりの違いを個性として尊重し、積極的に活かしていく『ダイバーシティ』という考え方に注目が集まっています。今回のスペクトラムサロンでは、スパイラルが2009年に立ち上げた横浜ランデヴープロジェクトから生まれた、アーティストと多様な人々の協働事業「スローレーベル」「ヨコハマ・パラトリエンナーレ」のディレクター栗栖良依が進行役となり、各方面で活躍するゲストの方々とともに、社会に溢れる“見えないバリア”を取り除くことで生まれる、ワクワクする未来の日本について語り合います。前半では、渋谷を拠点に国内外でファッションやデザインの力でこれまでの福祉のイメージを覆す活動に取り組むピープルデザイン研究所代表の須藤シンジ氏、大阪・阿倍野の古い町家を改修したアトリエで、重度の知的障害や自閉症のアーティストの創作活動を支え多方面から高い評価を得ているアトリエコーナス主宰白岩高子氏に、これまでとこれからの活動をご紹介いただきます。後半では、スローレーベルが今年からはじめる新プロジェクト「SLOW MOVEMENT(スロームーブメント)」に参加する三角みづ紀(詩人)、金井ケイスケ(サーカスアーティスト)らによる、トークを行います。
[関連イベント]
21:00より登壇者を交えた懇親会を開催

※本イベントは要申込みです(定員40名)
※お申込み方法・詳細は公式ホームページからご確認ください。

メディア

スケジュール

2015年06月16日 19:00~21:00

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use