「経営はビジュアル的に考えよう 中国企業ロゴデザイン秀作展」

日中友好会館美術館

poster for 「経営はビジュアル的に考えよう 中国企業ロゴデザイン秀作展」

このイベントは終了しました。

1990年代初頭より、経済の成長に伴って中国企業は、企業のイメージ戦略を目的に、日本を手本に企業ロゴのデザインを重視するようになり、ロゴデザインを中心としたグラフィックデザインのブームは中国全土の企業に広まって行きました。中国のロゴデザインには、経済行為、政治目的、生活形態、言語疎通、文化の位置づけなど、非常に複雑で多様な内包を有しており、その作用は日本の企業家や経営家たちの想像をはるかに超えております。今回、WGD(World Good Design)が中国にて最も素晴らしい100のロゴデザイン選出、その中で約60点のロゴを展示する日本で初めて中国企業のロゴ展覧会を開催いたします。

[関連イベント]
講演会「経営はビジュアル的に考えよう−中国ロゴデザインの特徴及び経営思想−」
日時: 7月10日(金)15:30〜17:00
講師: 王超鷹(文化研究者、ロゴデザイナー)
会場: 日中友好会館大ホール 
※参加自由

メディア

スケジュール

2015年07月10日 14:00 ~ 2015年07月26日
開館時間: 10:00~17:00

オープニングパーティー 2015年07月10日14:00 から 15:00 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use