「No Museum, No Life? –これからの美術館事典 国立美術館コレクションによる展覧会」

東京国立近代美術館

poster for 「No Museum, No Life? –これからの美術館事典 国立美術館コレクションによる展覧会」
[画像: トーマス・シュトゥルート 《ルーヴル美術館 4、 パリ 1989》 1989年、 タイプCプリント、138.0×177.0cm、京都国立近代美術館 ©Thomas Struth]

このイベントは終了しました。

今回の展覧会は、いつもと趣向を変えて美術館そのものをテーマにしています。美術館という空間には素朴な疑問がいろいろあるものの、作品が主役であるため美術館そのものに目を向けることはあまり多くないのではないでしょうか。しかし、美術館の構造や設備、作品の保管や運搬、展示、解説、そしてそれにかかわる多くの人々…、そこには様々なストーリーがあります。今回はそれらにスポットを当て、事典に見立てたAからZまでの36のキーワードにそって紹介していきます。
また今回の展覧会は、国立美術館5館(東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、国立西洋美術館、国立国際美術館、国立新美術館)の合同展であり、2010年の「陰翳礼讃」展(国立新美術館)に続く合同展第2弾です。日本のナショナルミュージアムである5館の所蔵作品は、紀元前から現代、西洋から東洋、絵画から写真、彫刻といった実に幅広い種類のコレクションであり、一人でも多くの方に見ていただきたい国の芸術財産です。今回はいつもと違った切り口で、それらの中から厳選したルノワール、ロダン、マルセル・デュシャンや岸田劉生など、約170点もの作品をご紹介します。
本展では、作品を楽しむことはもちろん、作品にとっての舞台である美術館にも目を向けることで展覧会を楽しむ新しい視点を提案します。まるで美術館をテーマにした巨大な事典の中を歩くような展示空間を体感いただきます。「No Museum, No Life?」というタイトルには、美術館を楽しむことで人生が豊かになることと、過去の作品
を未来へと守り続けていく美術館が持つ役割を込めました。

[関連イベント]
ギャラリートーク
桝田倫広(東京国立近代美術館研究員・本展企画者)、新藤淳(国立西洋美術館研究員・本展企画者)
日時: 6月26日(金) 18:00-19:30、7月11日(土) 14:00-15:30、8月28日(金) 18:00-19:30
場所: 1階企画展ギャラリー
※申込不要、要観覧券

MOMATサマーフェス(仮称)
日時: 7月31日(金)〜8月2日(日)
夏の週末に美術館を楽しんでいただく特別イベント。シンポジウムのほか、美術館前庭での映画上映会や飲食のご提供など、いつもの美術館とは一味違ったイベントを予定しています。
※関連イベント詳細は公式ホームページからご確認ください。

メディア

スケジュール

2015年06月16日 ~ 2015年09月13日

Facebook

Reviews

yumisong tablog review

東京国立近代美術館「No Museum, No Life?―これからの美術館事典」展 レビュー

国立美術館コレクションによる展覧会。美術館が言うLIFEとは何か?

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use