大竹利絵子「Way in, or Out」

渋谷ヒカリエ 8/ ART GALLERY

poster for 大竹利絵子「Way in, or Out」
[画像: 大竹利絵子「Good night」(2015) wood, h.21 xw.7.5 × d.19cm ©Rieko Otake]

このイベントは終了しました。

大竹利絵子は少女や鳥、鹿のモチーフを木彫で表現してきました。作品は繊細でどこか不安定に見えながらも、気品に満ちた普遍的な存在感には、独特の強さを感じます。美術評論家の峯村敏明氏は、「並の抽象彫刻も及ばぬ的確さで彫刻の中心命題たる『存在』の不可思議にぴたりと錘鉛を下ろしているかに見えることの、何という心憎さ。」と大竹の作品を評しています。大竹は一貫して、樟や檜、桂などの木を、彩色しない素地仕上げの手法で用いてきました。作品に近づくと、思いのほか勢いのある鑿跡に気がつきます。彼女は繰り返し彫りのリズムの大切さについて触れており、木と呼吸をあわせるかのような真摯なやり取りは、叙情あふれる物語となって作品にあらわれます。大竹は次のように語っています。「作品は、想像を越えたその先へとつながる場所だと感じています。そこは入り口であり、出口なのかもしれません。­—大竹利絵子」本展覧会では大小10あまりの木彫作品を展示します。「ここ」と「どこか」、あるいはそのあいだの領域が混ざり合うかのような、大竹の作品にしか作ることのできない世界を堪能できる機会になります。

[関連イベント]
アーティストトーク
日時: 11月25日(水)19:00〜

メディア

スケジュール

2015年11月25日 ~ 2015年12月14日

オープニングパーティー 2015年11月25日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

大竹利絵子

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use