梅津庸一 「ラムからマトン」

ナディッフ アパート

poster for 梅津庸一 「ラムからマトン」

このイベントは終了しました。

今回の個展では、生後間もない 「ラム」 と成熟期の 「マトン」 の表象を思い描きつつ、 2 会場での展示構成を行います。 NADiff Gallery 会場では 「ラム」 期、つまり初期作品を中心に新作も交えた展示を行います。 一方、 「マトン」 期をテーマとした ARATANIURANO 会場では、1900 年に開催されたパリ万博において黒田清輝の 「智・感・情」と共に展示されていたフェルディナント・ホドラー (1853-1918) の 「昼」 (1900) を下敷きにした、幅 3m を超える大作のほか、パフォーマンスの記録映像、戯曲家である岸井大輔のイベント 「アジアで上演する」 で展示された作品「パープルームのプロパガンダ」を大幅に改編したものなどを展示、構想画、美術運動をテーマに据えた新作を中心とした空間が作られる予定です。

[関連イベント]
『ラムからマトン』展覧会&出版記念トークイベント「美術という制度と物語~土人の構想画からラッセンまで~」
日時: 11月20日(金) 19:30〜21:00
出演: 原田裕規(美術家)、梅津庸一
参加費: 500円(お土産つき)

「絵画について」
日時: 12月13日(日) 15:00〜17:00
出演: 星野太(美学/表象文化論)、梅津庸一
参加費: 500円(お土産つき)
2015年11月20日[金] 19:30 - 21:00
2015年12月13日[日] 15:00 - 17:00
※関連イベント詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2015年11月20日 ~ 2016年01月11日

アーティスト

梅津庸一

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use