危口統之 「劇的なるものをネグって」

Kanzan Gallery

poster for 危口統之 「劇的なるものをネグって」

このイベントは終了しました。

危口統之は、団体「悪魔のしるし」を主宰する演出家である。団体、という漠然とした呼称をあえて私が書くのは、危口と「悪魔のしるし」の活動形態が、演劇、パフォーマンス、美術、建築など多岐にわたっているからだ。代表作《搬入プロジェクト》は、複雑な形状の構造物を設計・製作し、大人数で空間に搬入ないし搬出するというものだが、建築現場の荷揚げ人夫たちの職業知を用いて実践される運搬行為を「演劇」や「パフォーマンス」と呼ぶことは可能だろうか? 少なくとも、それを劇団四季やシルク・ド・ソレイユが提供する作品と同質に見る人は多くないだろう。この他にもヘヴィ・メタルの歴史を危口自身がレクチャーする《メタル大学》、一年に一度衣類を着たまま小便を漏らす《漏祭》など、多岐にわたる、というか、多岐にわたりすぎてカテゴライズ困難な活動をする団体が「悪魔のしるし」で、その突端で企みを巡らすのが危口であると、まずは思っていただきたい。
そんな危口にとって、本展は初の個展となる。タイトルは日本現代演劇を代表する演出家である鈴木忠志が、1969年から70年にかけて構成・演出した連作《劇的なるものをめぐって》から採っている。鈴木は同連作を通じて「演劇の現場性=身体性」を問い直すことを試みた。それは主に俳優の演技にフォーカスするものであったが、危口は演劇的現象が生起する「場」に関心を寄せる。舞台があって客席があれば(それがどんなに簡素なものであったとしても)、その関係性から「演劇」は立ち上がりうる。本展では、そのメカニズムを巡る考察を展開する予定だ。
先に述べたカテゴライズ困難な活動とは、単にナンセンスさや無軌道さから生じたものではなく、演劇ジャンル、そしてかつては社会・政治と密接な関わりを有していた演劇(祝祭、儀礼)について周到に思考した結果の必然なのかもしれない。
[関連イベント]
Performance program
-1
日時: 7月26日(火)〜29日(金)18:30〜、30日(土) 17:00〜、7月31日(日)17:00〜
出演: 危口統之、捩子ぴじん、他

-2
日時: 7月30日(土)、31日(日)昼頃
出演: 百瀬文
※お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください

メディア

スケジュール

2016年07月08日 ~ 2016年07月31日

アーティスト

危口統之

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use