「没後110年 カリエール展」

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

poster for 「没後110年 カリエール展」
[画像: ウジェーヌ・カリエール「インク壷の前の子ども、マルグリット」(1890~92) 油彩、キャンヴァス 個人蔵]

このイベントは終了しました。

セピア色の画面に神秘的に浮かびあがる人物や母子像で知られる、19世紀フランス象徴主義を代表する画家、ウジェーヌ・カリエール(1849年生~1906年没)の展覧会です。没後110年に開催される本展覧会では、カリエールのひ孫でカリエールのカタログ・レゾネ(全作品集)の編集者である美術史家ヴェロニク・ノラ=ミラン氏の全面的な協力のもと、個人所蔵作品および油彩画を中心に、カリエールの作品約80点をご紹介いたします。カリエールの代表的な主題である母子像や身の回りで繰り広げられる日常の光景はじめ、妻や子どもたち、著名人らの肖像、カリエールの作品では珍しい風景など、様々な主題の作品を展示し、親密な光景を幻想的に描いたカリエールの真髄に迫ります。

[関連イベント]
ギャラリートーク
当館学芸員が展示室で作品解説を行います。
日時: 9月16日(金)17:30~、9月17日(土)13:30~(30分程度)

ギャラリー★で★トーク・アート※要申し込み
休館日に貸切の美術館で、ボランティアガイドと対話をしてみませんか?作品解説を聞くのではなく、参加者が作品を見て、感じ、思うことを話しながら楽しむ参加型の作品鑑賞会です。
日時: 10月31日(月・休館日)14:00~(2時間程度)
定員: 各20名程度
参加費: 1100円

※お申し込み方法・イベント詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2016年09月10日 ~ 2016年11月20日
金曜日は20:00まで開館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use