「そばにいる工芸」 展

資生堂ギャラリー

poster for 「そばにいる工芸」 展

このイベントは終了しました。

今日、テクノロジーに頼ったモノや情報にあふれた生活から、自然に寄り添うシンプルな生活へと、ライフスタイルをシフトする人が増えています。そして、日々の暮らしで使用する道具を丁寧に選び、大切に使う生活が見直されています。また、日本の工芸は海外でも注目されていますが、これまで知られていた職人による技巧だけでなく、最近は、素材と真摯に向き合って作られた、味わいあるミニマルな日本の工芸品への人気も高まっています。
本展は、日常の生活のなかでそっと人間と寄り添う工芸をテーマにしています。展示するのは「森岡書店」の代表・森岡督行氏の協力を得て、暮らしの基本となる「食」と「住」の側面から選んだ6名の工芸作家の作品です。― 鎌田奈穂(金工)、川端健夫(木工)、飛松弘隆(陶磁器)、ハタノワタル(和紙)、ピーター・アイビー(ガラス)、吉村和美(陶芸)― 彼らがつくる、スプーンやフォークなどのカトラリー、照明、箱、ガラス容器、うつわなどの作品は、シンプルでも細部へのこだわりがあり、見た目も美しく、使う人のことが意識されています。

メディア

スケジュール

2016年09月06日 ~ 2016年10月25日
開館時間: 日曜・祝祭日 11:00~18:00

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use