佐藤雅晴 「東京尾行」

原美術館(東京)

poster for 佐藤雅晴 「東京尾行」
[画像: 「東京尾行」12チャンネル ビデオ (2015~2016)]

このイベントは終了しました。

原美術館がキュレーターの育成や若手作家の支援を目的に開催する不定期のプロジェクト、「ハラドキュメンツ」の第10弾として「佐藤雅晴―東京尾行」展を開催します。佐藤雅晴は、パソコンソフトのペンツールを用いて実写をトレースしたアニメーション作品に取り組んでいます。佐藤にとってトレースとは、対象を「自分の中に取り込む」ことだといいます。それは、自身の暮らす土地や目の前の光景への理解を深め、関係を結ぶ行為とも言えるでしょう。一方、佐藤の作品を見る私たちは、実写とのわずかな差異から生じる違和感や、現実と非現実を行き来するような知覚のゆらぎをおぼえます。人それぞれに多様な感情や感覚を呼び起こす佐藤の作品は、見ることや認識することの奥深さと豊かさを教えてくれます。今回は、佐藤が作家として日本で注目されるきっかけとなったアニメーション作品、「Calling」(ドイツ編、2009~2010 年)を始め、「トレースとは尾行である」という新たな発想の下、2020 年のオリンピック・パラリンピックに向けて変わり行く東京の今を描いた最新のアニメーション作品「東京尾行」(2015~2016年)、さらに平面作品数点を加え、作家の表現の変遷を展観します。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2016年01月23日 ~ 2016年05月08日
3月21日は開館、3月22日は休館

アーティスト

佐藤雅晴

Facebook

Reviews

Jennifer Pastore tablog review

10 Things in Tokyo: April 2016

A short list of events and exhibitions happening in Tokyo and beyond this month.

Nick West tablog review

Masaharu Sato - "Tokyo Trace"

Charting a city and its multiple scenes, frame by frame

Xin Tahara tablog review

ゴールデンウィークに行きたい美術館・ギャラリー10選!

Tokyo Art Beatの人気スポット、穴場な展覧会を抜粋!

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use