土屋裕介 「nowhere」

キドプレス

poster for 土屋裕介 「nowhere」
[画像: アトリエの制作風景 (c)Yusuke Tsuchiya]

このイベントは終了しました。

土屋裕介の展覧会タイトルや作品名の多くには、叙情性を排した簡潔な言葉が選ばれています。今回の「nowhere」展のための新作は、例えば「蓋(lid)」、「根(radicle)」、「pupa」といった短いタイトルの作品で構成されていて、その解釈は作品を観る者にゆだねられています。また、それぞれの心情を映し出す湖面のような静寂さをたたえた人物像は、どこか遠くを眺めています。素焼きのテラコッタに施釉した身体は、時には透明水彩や胡粉の淡いヴェールをまとって、過剰な技巧性を感じさせない素朴な美しさをたたえています。
土屋裕介が真摯に取り組んできた人間をモチーフとした一連の作品は、厳しい現実に目を背けることなく佇んでいます。心の中に存在するもう一人の自分の姿をそこに投影する人もあれば、心の拠り所として対峙する人もいることでしょう。静謐で奥深い作品世界をぜひご高覧ください。

メディア

スケジュール

2016年04月09日 ~ 2016年05月15日
月曜日・火曜日・祝祭日は休館

アーティスト

土屋裕介

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use