文化庁メディア芸術祭20周年企画展 - 変える力 - 企画展示 「New Style New Artist - アーティストたちの新たな流儀 - 」

NTTインターコミュニケーション・センター

poster for 文化庁メディア芸術祭20周年企画展 - 変える力 - 企画展示 「New Style New Artist - アーティストたちの新たな流儀 - 」

このイベントは終了しました。

文化庁メディア芸術祭20周年企画展実行委員会は「文化庁メディア芸術祭20周年企画展―変える力」を2016年10月15日(土)から11月6日(日)までの23日間、東京・千代田区のアーツ千代田 3331を中心に開催します。今年、メディア芸術祭の20周年を記念して開催する本展では、「変化」をキーワードに、過去に審査委員を務めた4人の監修者によって選ばれた、歴代の受賞・審査委員会推薦作品の展示や上映等を行ない、変容し続けるメディア芸術の多様な表現を紹介します。
その企画展示のひとつとして、サテライト会場であるNTTインターコミュニケーション・センター [ICC]では、「New Style New Artist—アーティストたちの新たな流儀」を開催します。近年のメディア・アーティストたちの活動スタイルは、新たな方法論を確立していることが見て取れます。アート、デザイン、エンターテインメントを自由に横断し、時にはクライアントワークを、時にはアート領域での表現活動をしています。また、個人ではなく、仲間たちとプロダクションを設立し活動しているのも特徴です。このような活動の広がりを持つ、アーティストたちの登場は、メディア芸術祭がスタートした1990年代後半から顕著になってきました。本展では、そうした作り手たちを「新たな表現の流儀」を持つアーティストとして捉え、その作品群をピックアップして紹介します。

[関連イベント]
トークイベント「New Style New Artist - アーティストたちの新たな流儀 - 」
日時: 10月28日(金)18:00~19:15
会場: ICC 4階 特設会場
講師: 田崎祐樹(コンセプター/クリエイティヴ・ディレクター/WOW)、中路琢磨(エグゼクティヴ・ディレクター/アート・ディレクター/WOW)、近森基(アーティスト/plaplax代表)、筧康明(メディア・アーティスト,研究者/plaplax/慶應義塾大学准教授)、真鍋大度(メディア・アーティスト/Rhizomatiks Research主宰)、石橋素(エンジニア,アーティスト/Rhizomatiks Research主宰)、緒方壽人(ディレクター/デザイン・エンジニア/Takram)、畠中実(NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] 主任学芸員)、モデレーター 関口敦仁(美術家/愛知県立芸術大学教授/元文化庁メディア芸術祭アート部門審査委員)
定員: 200名

※お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2016年10月15日 ~ 2016年11月06日

アーティスト

WOWplaplaxライゾマティクスTakram

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use