キム・テクサン 「ブリージング・ライト」

タグチファインアート

poster for キム・テクサン 「ブリージング・ライト」
[画像: キム・テクサン 「Breathing light」 (2014) 水、キャンバスにアクリル 225 x 140cm]

このイベントは終了しました。

韓国では1970年代から活発化した「Dansaekhwa」と呼ばれるモノクローム絵画運動が、現代美術における主流のひとつとして、重要な潮流を形成しています。独自の発展をとげてきたこの韓国の抽象芸術は近年、日本の「具体」や「もの派」とともに、国際的に大きな注目を集めています。キム・テクサンは「Dansaekwha」第二世代の中心的な存在となっています。
彼はまず、特別に用意した長方形のプールにキャンバスを浸し、アクリル絵の具を溶かした水を注ぎます。注がれた水はその痕跡をキャンバスに残しながらゆっくり蒸発していきます。こうして制作されるキム・テクサンの作品は水の痕跡そのものであり、樹木の年輪と同様、時間の痕跡でもあります。彼がなすべきことは、時の流れが痕跡というかたちで自らを現わす環境を整えることに尽きます。
彼の作品は、時間を経ることで得られる成熟や熟成という感覚や観念を見る人に与えるような色彩、柔らかで優しい色彩に覆われています。 タグチファインアートにおける今回の展示は、彼の日本で5度目の個展となります。
[関連イベント]
レセプション
日時: 12月3日(土)17:00~19:00

メディア

スケジュール

2016年11月26日 ~ 2016年12月24日

アーティストレセプション 2016年12月03日17:00 から 19:00 まで

アーティスト

キム・テクサン

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use