加納俊輔 「コンストラクション断面」

Maki Fine Arts

poster for 加納俊輔 「コンストラクション断面」

このイベントは終了しました。

加納俊輔は1983年大阪生まれ。2010年 京都嵯峨芸術大学大学院芸術研究科修了。「写真を見るということを『イメージを見ること』と捉えるのではなく、『イメージが貼りついた物質を見ている』と捉えなければならないと思っている」という加納の言葉が示すように、写真を通して、複雑な階層を意識させる手法により、「見る」という行為を問い直す作品を発表しています。
これまでの主な展覧会に、「これからの写真」(愛知県美術館/2014年)、第8回 shiseido art egg 「加納俊輔 | ジェンガと噴水」(資生堂ギャラリー/2014年)など。近年では、他アーティストとの共同制作およびアーティストブックの出版など、活動を展開しています。「THE COPY TRAVELLERS」(加納俊輔・迫鉄平・上田良)や、「三つの体、約百八十兆の細胞」(早川祐太×高石晃×加納俊輔)において、各作家との対話と実験を重ね、新たな表現の可能性に挑戦してきました。
Maki Fine Artsでの個展としては、「バウムクーヘンとペタっとした表面」(2013年)、「ファウンテンマウンテン」(2014年)、「Cool Breeze On The Rocks」(2015年)から約1年半ぶり、4回目の個展となります。本展で発表される新作は、シンガポールで撮影したスナップショットを用いた、写真作品「specious notion」シリーズ、映像作品を中心に構成されます。都市開発が進み、変容するシンガポールの工事現場等の風景を素材として、拡張し続ける加納の最新作を是非ご高覧ください。

メディア

スケジュール

2016年10月22日 ~ 2016年12月11日

オープニングパーティー 2016年10月22日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

加納俊輔

Facebook

Reviews

TABlog Editors tablog review

10 Things in Tokyo: November 2016

A short list of events and exhibitions happening in Tokyo and beyond in November

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use