奈良原一高 「消滅した時間」

FUJIFILM SQUARE

poster for 奈良原一高 「消滅した時間」
[画像: 〈ジャパネスク〉色 1968年 ©奈良原一高]

このイベントは終了しました。

奈良原一高は、美術家の靉嘔(あいおう)や池田満寿夫らと活動していた1956年、初の個展「人間の土地」を開催し、この写真展が大きな反響を呼んで、閉幕後、一躍、写真家と呼ばれる存在となりました。
本展のタイトル「消滅した時間」は1970年から74年にアメリカで撮影され、1975年に出版された写真集のタイトルに由来します。このシリーズは奈良原にとって、写真家として生きていく自分を発見した作品であり、スケールの大きい時空間の表現は彼の真骨頂と言えるでしょう。本展はこのシリーズを分岐点に1954年から74年までと1970年から2002年までの二つの時代に分けて、それぞれに〈消滅した時間〉を含む二部構成で展示します。
会場: 写真歴史博物館

メディア

スケジュール

2016年06月01日 ~ 2016年09月30日

アーティスト

奈良原一高

Facebook

Reviews

Jennifer Pastore tablog review

Ikko Narahara's Postwar Planet

A compellingly concise retrospective for a 20th century photographer who reimagined the world.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use