「アート・アーカイヴ資料展XⅢ 東京ビエンナーレ '70再び」

慶應義塾大学アート・スペース

poster for 「アート・アーカイヴ資料展XⅢ 東京ビエンナーレ '70再び」

このイベントは終了しました。

1970年に開催された第10回日本国際美術展(通称 東京ビエンナーレ)は、中原祐介がコミッショナーとして「人間と物質 Between Man and Matter」をテーマに掲げ、当時の最新動向を示す40名の作家を集めて開催された。東京都美術館を会場としたこの展示には海外からも多くの作家が来日し、前年からこの年に渡ってヨーロッパやアメリカで開催された最先端の現代美術展に連なるものと考えられている。

この展覧会に関しては記録サプリメントも発行され、その展示作品に関しては比較的情報が充実しているものの、展示の詳細については細かい検討がなされたことはなかったと言ってよい。そこで、今回は調査の第一段階として、展示の実際(展示の会場構成)について資料調査を通して明らかにしていきたい。

メディア

スケジュール

2016年02月22日 ~ 2016年03月25日

アーティスト

中原祐介クリスト狗巻賢二

Facebook

Reviews

Emma Ota tablog review

10 Things in Tokyo: February–March 2016

A short list of events and exhibitions happening in Tokyo and beyond this month and next.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use