mAtter 「INTER-VIEW」

DIGINNER GALLERY WORKSHOP

poster for mAtter 「INTER-VIEW」

このイベントは終了しました。

これまでにサウンド・アートを軸に作品をリリースしてきたmAtterレーベルによる、初のレーベル・アーティスト内のキュレートリアルな展示になっています。ヤコブ・キルケゴールはアーティストであり作曲家でもあり、作曲、またはビデオ作品やインスタレーション作品の為に、厳選された環境において生成されたサウンドを録音します。彼は聴くことを「世界を経験する手段」としてとらえ、地下の間欠泉振動、チェルノブイリの空虚な空間、北極における氷河の音、人間の内耳自体が発生する音などを記録してきました。Stijn Hüwels はベルギー出身の音楽家でありサウンド・アーティストです。フィールドレコーディングされた音とギターの音色を繰り返し加工すること、そしてミニマリズムに対する深く尽きる事のない興味が、彼の作品の特徴といえます。本展では、彼らの眼差しの先にあるものを、固定化された空間=ギャラリーに展示することは対話の準備を整えるということに置き換え、すべて展示作品で構成されています。

メディア

スケジュール

2016年08月06日 ~ 2016年08月21日 17:00
開館時間: 12:00~20:00、月曜日は休館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use