「ダダ100周年フェスティバル + SPIRAL 『GALLERY VOLTAIRE』」展

スパイラル

poster for 「ダダ100周年フェスティバル + SPIRAL 『GALLERY VOLTAIRE』」展
[画像: 左:TOLTA《ジャイアントフィールド・ジャイアントロール》、中:Stillllive、右上:関川航平《岩を持ち上げられない》、右下:ウルトラ怪獣「ダダ」]

このイベントは終了しました。

1916年にスイス・チューリヒの「キャバレー・ヴォルテール(CABARET VOLTAIRE)」にて、それまでのアートを否定する芸術活動として産声を上げたダダ。本年、ダダの誕生から100周年を迎えることを記念し、スイスを中心に各地でダダに関する記念イベントが開催されます。スパイラルでは、ダダ発祥の地「キャバレー・ヴォルテール」になぞらえ、「ギャラリー・ヴォルテール(GALLERY VOLTAIRE)」と称し、ダダの精神を現代的に解釈し表現する3組のアーティストを紹介する展示とパフォーマンス、そして、関連品を販売するダダポップアップショップを2016年8月4日(木)~28日(日)に開催します。
「ギャラリー・ヴォルテール」では、TOLTA、Stillllive with Nigel Rolfe、関川航平の今日的で様々な表現を行う気鋭の3組によって、20世紀の芸術発展に大きな影響を与えたダダの活動を振り返るとともに、ダダをより一層身近に感じられるプログラムを実施します。そして、スパイラル1FのMINA-TOでは、ダダポップアップショップとして、関連書籍や、江口寿史、groovisions、so+ba、中村哲也らが、ダダイズムが語源となって名づけられたウルトラ怪獣・ダダをモチーフとしたオリジナルポスターを制作、販売いたします。

[関連イベント]
TOLTA パフォーマンス 「スペクトラム・ダダ・ナイト」
フーゴ・バルやトリスタン・ツァラといった100年前のダダイストたちをモチーフにしたパフォーマンス作品を上演します。
日時: 8月6日(土)20:15~21:30
会場: スパイラルカフェ(スパイラル1F)※1オーダー制

Stillllive with Nigel Rolfe パフォーマンス 「Emotion in Motion」
現代における「パフォーマンス」の意義や意味などを語りあうトークとあわせながら、今あるべき表現とは何かについて掘り下げていくプログラムです。
日時: 8月7日(日)16:00~18:00
会場: スパイラルホール(スパイラル3F)
参加費: 一般 1500円、学生 1000円(トーク代として)

関川航平 パフォーマンス 「一分間の事象/東京都港区南青山5-6-23 スパイラルのエントランス/2016.8.18-8.28」
2016年8月18日から28日までの11日間、スパイラルのエントランスにて行われるパフォーマンスです。 このパフォーマンスの告知用に配布されるフライヤーには、11日間のタイムスケジュールが記載されていて、すべてのパフォーマンスは「一分間」で行われます。
会期: 8月18日(木)~28日(日)11:00~20:00
会場: スパイラルエントランス(スパイラル1F)

※お申し込み方法など詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2016年08月04日 ~ 2016年08月28日
夏期休館: 8月15日(月)~17日(水)

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use