「奈良美智がえらぶMOMATコレクション 近代風景 - 人と景色、そのまにまに - 」展

東京国立近代美術館

このイベントは終了しました。

アーティスト、奈良美智がMOMATのコレクションから作品をセレクトします。大学時代の恩師、麻生三郎や、麻生とともに戦争の時代を生きた松本竣介。村山槐多のたくましい少女像や、奈良が「手袋とスカーフの色が大事」と語る榎本千花俊の女性像。美術史にとらわれることなく好きな作品を選んだら、自然と1910-50年代の人と景色を描く作品にしぼられたといいます。
おもに「人」を描くアーティストと思われがちな奈良ですが、実は街や野原といった「景色」も「人」と同じぐらい重要なものと考えています。「人」と人の外にある「景色」、ふたつが合わさって「風景」になる、と奈良は語ります。ふだんあまり展示されない作品からおなじみの名作まで、約60点がずらりと並びます。奈良が作家、作品に寄せたコメントもご紹介します。奈良美智の目を通して、作品の新しい魅力を発見しましょう。

メディア

スケジュール

2016年05月24日 ~ 2016年11月13日
8月8日(月)〜15日(月)は休館、金曜日・土曜日は20:00まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use